離婚の原因の一つにも数えられる夫婦間でのセックスレスを解消するメガリスをご紹介します。

薬と葉
  • ホーム
  • 膀胱がんでEDになり家庭内別居した

膀胱がんでEDになり家庭内別居した

EDとは、勃起不全の事で近年多くの男性がEDに悩まされています。
なりたくて勃起不全になったわけではなく、彼女や妻というパートナーがいる人は、一人だけの問題ではなく、身近にいる大切な人にも心配をかけさせてしまいます。
勃起不全になると、男性として自信がなくなり、彼女や妻に満足のいく性行為ができなくなり、家庭内別居等パートナーが欲求不満になってストレスが溜まり、快適な生活が送れなくなります。

EDになる原因として、毎日の仕事のストレスで精神的に起こる事や、不規則な日常生活をする事、病気等で手術をした後に神経を傷害して起こることもあります。
こうしたさまざまな原因で勃起不全を引き起こす事もあります。
仕事のストレスや不規則な生活が原因で勃起不全になった人は、なるべくストレスを溜めない生活を送り、タバコやアルコールを控えてしっかり睡眠をとって、栄養のある食生活の改善をする事が大切です。
現代は欧米化が進み、ミネラルが不足している人が増加しています。
特にビタミン系の栄養素は、勃起不全の予防になるのでしっかりと摂取する事が大切です。

膀胱がんで手術後にEDになる場合があり、それは前立腺を残さずに手術している場合です。
前立腺を残して手術している場合は、リハビリ等でEDが治る場合がありますが、がんが再発する可能性が高くなり、本人のこれからのライフスタイルで大幅に影響してきます。

こうしたEDに悩んでいる男性は多く、恥ずかしくて病院に行けないと言う人もたくさんいます。
EDをそのまま放っておくと、家族等に心配をかける事になり、家庭内別居という状況にもなり得る可能性があります。
恥ずかしがらずに専門医を来院する事だ大事です。

人気記事一覧